SENDAIOKTOBERFEST SENDAIOKTOBERFEST

THINK, SDGs

THINK, SDGs

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS - 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

仙台オクトーバーフェストでは、持続可能な開発目標「SDGs」で掲げる目標への貢献として、下記のアクションを推進しています。杜の都「仙台」の風景に馴染み、自然と共生し、暮らしを彩るイベントを目指しています。

デポジットで楽しむこと

(No.12「つくる責任、つかう責任」)

多くのビールはリユースグラスを使った「デポジット方式」での提供を行なっています。プラスチックカップなどの“使い捨てを前提としたワンウェイ容器”の使用を最小限に抑えることで、ゴミの排出量を削減するとともに、グラスならではの口当たりが生む美味しさ、ブランドごとに異なる個性的なデザインの楽しさなどからも、デポジット方式を推進しています。

デジタル化で無駄がないこと

(No.7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」)

イベント情報の告知をチラシなどのプリントメディアから、WebsiteやSNSなどのデジタルメディアへ統合。プリントメディアにおける配布ロスなどの非効率要因を低減し、無駄のない情報提供、スピーディーな情報配信を目指していきます。デジタルメディアの活用よって、配送や維持管理におけるエネルギーの浪費を削減し、環境保護につなげます。

地場食材を優先すること

(No.11「住み続けられるまちづくりを」/No.12「つくる責任、つかう責任」)

宮城の地場食材を使ったメニューや、東北固有のローカルメニューを取り入れることで、ドイツと宮城東北の食文化がコラボレーションした「東北ならではのオクトーバーフェスト」を実現。地元店舗の出店による地域活性化や、東北食文化のPRに繋げ、県外からの観光目的にもなるイベントを目指しています。また、近隣エリアからの資材調達は輸送エネルギーの低減にも貢献します。

つながる場を作ること

(No.2「飢餓をゼロに」/No.11「住み続けられるまちづくりを」/No.12「つくる責任、つかう責任」)

一人ひとりの意識を繋いで社会課題に取り組む旗をあげていきます。イベント会場周辺の「ゴミ拾い活動」の実施、食べ残し対策としての「フードロス削減」の推進、ゴミ処理効率化のための「ゴミ分別の強化」など、一人ひとりの意識で変えられる社会問題に対して行動の場を作り、会場内でも告知物などを通して後押し。出店者、来場者、みんなの課題としてメッセージを発信します。

未来を考えるきっかけを作ること

(No.4「質の高い教育をみんなに」/No.7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」/No.8「働きがいも経済成長も」/No.11「住み続けられるまちづくりを」)

環境対策関連の最新事例を会場内エコブースで紹介し、エネルギーリサイクル技術や、資源リサイクルシステムなどへの理解向上をサポートしていきます。

●9月14日(土)~16(月祝)
「食べ残し・飲み残しからエネルギー(バイオガス)作り体験」

講師:東北大学大学院農学研究科 准教授 多田 千佳氏
協力:せんだい環境学習館(たまきさんサロン)

“生ごみ”は、クリーンなエネルギーを生み出す材料になります。微生物の力を使って、バイオガスを作るしくみを楽しく体験しながら学べます。バイオガスで沸かした地球に優しいスペシャルなお茶を楽しみましょう。

●︎9月17日(火)~23日(月祝)
「循環型社会構築を目指す仙台の取り組み紹介」

協力:株式会社東洋環境開発

産業廃棄物のリサイクルなど、ゼロ・エミッションを目指し、循環型社会の未来形成に向けた取り組みを紹介するパネルを展示します。

地域の大学生に演習型インターンとしてイベント運営に参画してもらう機会を設け、未来のまちづくりに関わる担い手への教育の場を提供します。